今必要な”ユーザー視点”のリアルなコンセプト 講座

定性 講座 2022.03.07
0

今必要な”ユーザー視点”のリアルなコンセプト

リサーチのプロ、株式会社シー・ユー代表取締役社長 早尾氏と一緒に「ユーザー視点のコンセプトメイキング」について無料でコーチングします。

 

【作り手目線のコンセプトを見直したい】

【コンセプトに活かせる良い仮説を導きたい】

【コンセプト作成の事例が知りたい】

このような方へお勧めのセミナーです

 

大小かかわらず、世の中の全ての製品やサービス、広告などのコミュニケーションに必要となる「コンセプト」。

製品コンセプトは、主にプロダクト起点から生み出されるアイデアに対して、作り手・売り手の意見や仮説が織り交ぜられ、ブルーオーシャンを狙い推敲を重ねて完成していきます。

 

従って、コンセプトメイキングの過程においては「自社で売りたいコンセプト」や「競合との差異」などについ、注視しがちに。気付けば”ユーザーのインサイト”とかけ離れてしまう、なんて事態も免れません。

ではユーザーの求めるリアルなコンセプトは、どのように探ればよいのでしょうか?

 

 

今回は業界を代表するリサーチのプロ、株式会社シー・ユー代表取締役社長・早尾恭子氏と株式会社アスマークの畠が「コンセプトメイキング」に特化し、無料で皆様のお悩みへリーチいたします。

ご参加者様全員へ、アスマークのオリジナル資料「コンセプト調査の調査票作成のポイント」のご提供も。

 

■プログラム概要抜粋

・リアルな事実からコンセプトのインサイトを導く

・事例でみるコンセプトメイキング

・定性調査でできるコンセプト調査

・コンセプト調査・実例の紹介

出演者

株式会社シー・ユー 代表取締役 早尾 恭子

モデレーター歴20年以上。モデレーター実績年間300本以上。マーケティングの定性調査として行われる、グループインタビュー・デプスインタビューのプロ、「モデレーター」として活躍。<br>
調査プロジェクトの企画設計から実施、分析までトータルに行う。2001年より、自社にてモデレーター養成講座を開講し、後進のモデレーター育成を開始。<br>
その他、ビジネス講座講師、大学のマーケティング授業講師、企業向けの講習も担当。著書として「モデレーター聞き出す技術/すばる舎」。

インタビュアー

※ファシリテーター・事例紹介<br>株式会社アスマーク マーケティングコミュニケーショングループ 畠紀恵

2013年4月に株式会社アスマークへ入社。定性調査を中心に自社モニターのリクルート業務や調査ディレクターを経て、2020年より現職。年間100件超の過去ディレクション経験を元に、今回はコンセプト調査の事例を紹介。

関連動画